AV女優と白い服

収入面

高収入なバイトとはいいますが、AV女優の収入は主にどのようになっているのでしょう。
まず、AV女優の中でもトップクラスである単体女優は基本的に年間で契約します。
年間契約によって、月に1本の作品への出演が求められます。
女優のランクによって出演作品1本につき200万円もの収入を得られる場合もあります。
単純計算でそれが1年間で12本とすると、2400万円もの収入となります。
同じアダルト業界であればソープ嬢やデリヘル嬢などがいますが、それらと比べるとかなりの高収入が得られます。

また、企画単体女優は最低でも10万円から50万円ほどとなっています。
企画女優にしても3万円から多くて30万円にもなります。
収入の変動は、女優のランクのほか出演する作品の種類によっても変わります。
基本的にはDVDでの映像撮影が多くはありますが、現在はインターネット用の動画撮影も多くあります。
ほかにもR18指定のVシネマや、深夜枠のテレビ番組への出演などがあります。
テレビ番組やVシネマに関してはそこまで過激な内容はなく、テレビに関してはAV女優ではなくセクシータレントと表現されます。
内容の過激さでいえば、インターネット用のものなどが挙げられます。

インターネットの普及によって、インターネット上での動画視聴も多くあります。
パソコンやスマートフォンなどでいつでも簡単に視聴が可能であるため、利用者も多くいます。
インターネットでの動画は、視聴数などによって収入が上がる場合もあります。
視聴数によって収入が変動するシステムであれば、かなりの高収入も期待できます。

AV女優が白い服で

企画女優とは

AV女優としてトップクラスの単体女優の次のランクとして、企画単体女優というものがあります。
企画単体女優というものは、作品のひとつに合計して5人以下で出演する女優のことになります。
作品の質よりも基本的には数が求められます。
単体女優として活躍する多くの女優は、この企画単体女優として多くの作品に出演することで人気や知名度を上げて成功しています。

企画単体女優の次のランクとしては、企画女優という種類になります。
基本的に扱いとしては企画単体女優と大差はありませんが、企画女優はひとつの作品に6人以上の女優の出演が求められます。
少なくても6人ということで、多い時で数十人も一気に集められることがあります。
大人数の中での出演であるため、顔や名前を覚えてもらうことは難しいとされています。
単発バイトなどは基本的にこの企画女優として作品に出演します。
また、高収入なAV女優のバイトを行いたいけれど、親族への顔バレが不安という場合なども企画女優であれば単体女優と比べると比較的に安全でしょう。

AV女優が白い服でポーズ

単体女優とは

AV女優には大きく分けて二種類あります。
どちらも本番行為を必要とされますが、その種類によって制作されるアダルトビデオの種類も違います。

まず、単体女優という種類があります。
AV女優には人気などによってランクが分けられていますが、単体女優は特にランクの高い種類となっています。
単体女優とは、出演する女優がメインとなって企画されるアダルトビデオに出演する女優のことです。
単体で出演していることから、顔や名前を覚えられやすいという利点があります。
自分がメインとなって制作されたアダルトビデオが高収入を得られれば、更に知名度は上がります。
この知名度や人気によってメディア出演するAV女優は、単体女優の中でもトップクラスの女優となります。

日本のAV女優は総勢1万人以上も存在するため、単体女優にまで上り詰めることのできる女優はほんの一握りとされています。
総勢1万人以上の中、単体女優の数は数十名程度となります。
また、AV女優としての人気は主に20代などの若い世代となります。
年齢を重ねることで人気になる場合もいますが、単体女優でもファンに飽きられることもあります。
ですので、実質単体女優としてトップにいることが可能な期間は10年未満とされています。
10年以上もトップとして活躍するのはとても難しいことではありますが、バイトからの下積みを経て単体女優として活躍ができればかなり喜びも違うことでしょう。
難しい業界ではありますが、やりがいのある仕事です。